<< 11月20日の仔猫。 | main | 2月2日の仔猫。 >>

11月21日の仔猫。

JUGEMテーマ:ソマリの子猫


 
眠るつもりでタワーにいるツル子の周りをウロチョロしつつ、写真を撮りまくってみました。
ツル子。
割とあからさまに迷惑そうな顔をします。


口をきくことが出来れば「何か用?」と言ってきそうです。
ツル子。


反対側に回り込んで、さらに一枚。
ツル子。
だから何なんだろうという顔でキョトンとしています。
( アンヨ、可愛い )

この後、「まっ、いっか」とでも言いたげな顔をして
毛繕いを始めたツル子は、眠りにつきました。




朝ご飯の後とか、昼ごはんの後とか、
毎日必ず宝物(ねこじゃらし)を見つめています。
ツル子とお姉ちゃん。
どんだけ好きなんだ。




夕方は、お祖父ちゃんの側でヒーターにあたって
安心しきっているツル子。
ツル子とお祖父ちゃん。


ツル子とお祖父ちゃん。
「また撮ってるの?」




休息の後は、ツル子探検隊長が再び家の中をくまなく見て回ります。
ツル子。


ツル子。
ツル子と青い達磨さんのコラボ画像。
この達磨さんは、楽天ビンゴで1万ポイント当たった時に買いました。
とても縁起のいい達磨さんです。




それから、急いでキッチンに赴き
ドライフードのトッピングとして添えられる
フリーズドライササミの欠片をもらうのです。
ツル子とお姉ちゃん。
みんな一片貰うと去ってゆくのですが、
ツル子はまだ、ひとり一片だと分かっていないので
いつまでも「ちょうだい」を繰り返します。



大体いつもこんな感じで過ごしてきましたが、
この日の夜は体重測定(2080gでした)をして、
私に抱っこされながら全ての猫の元へ連れてゆかれ
みんなとお別れの挨拶をしてから、
車で新しいお家へ行きました。
もちろんツル子の宝物も一緒に持って。




さっそく羽の玩具で『持ってこい遊び』を。
ツル子。
最初は投げてあげましたが、
そのうち一人でも大興奮で遊ぶようになったので
その間にツル子を置いて帰りました。



ツル子とは5ヶ月と5日一緒に暮らしてきました。
この子のことで一番印象に残っているのは、
ハイハイし始めた7月5日に膝に乗りたいと寄って来たことです。
あまり手をかけ過ぎてはいけないと考えていたのと
梵天のことで忙し過ぎて、膝になんて碌に乗せていなかったのに。
乗せると嬉しそうにゴロゴロと喉を鳴らして驚きました。

それから、この子は目が覚めたときにママや人間の姿がないと
部屋の中を鳴きながら捜し歩く子でした。
今は大きくなって
ひとりでもお留守番できるようになったと思いますが、
本質はそんな子です。

きっと構って欲しくてお仕事の邪魔もするかと思いますが、適度にかわして
一緒に過ごす時間を是非楽しんであげて下さい。
うちでも遊んでもらえなさそうなときは、何となく察していたようなので
生活のペースが出来上がるとともに
ちゃんと我慢も出来る良いパートナーになってくれることと思います。

それまでご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが、
どうか末永く宜しくお願い致します。















タグ [ ソマリ 仔猫 子猫 ]
 
posted by: 名乗るほどではございません。 | 2013.06.16産まれソマリっ子 | 23:00 | - | - | - |