<< 11月19日の仔猫。 | main | 11月21日の仔猫。 >>

11月20日の仔猫。

JUGEMテーマ:ソマリの子猫


 
そういえば、このブログは「猫と私のネタの混浴ブログ」としてスタートしたので
今日は久々に猫以外のことを書くと、私の最近の趣味は『山』です。
8月・9月・10月と連続で長野県の百名山の一つに行ってきました。
そう、私、今流行のヤマガールなんです!
11月も行こうと思ってましたが、パーティの1人に「長野は寒い」
と言われて、今回は世界文化遺産にも登録された富士山(静岡側)にしました。
でも、毎回山は登りません。
見るの専門です。
鉄道オタクの『乗り鉄』に対する『撮り鉄』みたいな。
高所恐怖症なので決して登りません。
そんな感じです。

ですが、我が家にはリアル登山家がいます。
ツル子です!
ツル子。
我が家の剱岳(つるぎだけ)、カニのタテバイ・ヨコバイなんて、なんのその〜♪


女子(生後5ヶ月)とは思えない逞しさで難なく登頂成功!
ツル子。
13時50分、2100mm級制覇です☆


山頂からの景色は、自分へのご褒美。
ツル子。
神々しい北アルプスの山々を眺めるツル子(妄想)

しかしツル子登山家は下山が出来ないので
この数分後に捕獲されるようにして連れ戻されました。


ところで、この日は快晴!風は強かったですが、なかなかの登山日和でした!
ツル子と叔母ちゃん。
( 右上・叔母ちゃんと、左下・ツル子 )


叔母ちゃんは、山の清々しい空気に、この表情。
叔母ちゃん。
「北アルプスの雄大な景色を眺めながら頂く空気は、ほんと美味しいわ」


それから我が家のロバの耳〜馬ノ背で、強風にあおられつつ
これから行く登山ルートを確認するツル子。
ツル子。


しかし、急峻なやせ尾根で立ち止ったりすると、登山道が狭いのですれ違いが出来ません。
ツル子とパパと叔母ちゃん。
( 右の叔母ちゃんも、左のパパも、中央のツル子待ちです )


さらにお姉ちゃんまで加わって、登山道はツル子待ちの大渋滞です。
パパと叔母ちゃんとお姉ちゃん。
叔母ちゃん「ツル子〜、動けないの?このままビバーク?それとも救助呼ぼうか?」
ナイフリッジは危険がいっぱいです。


しかし、動 け なかったのではなく動 か なかっただけのようで、
何事もなかったかのように、ツル子登山家は続いて我が家の槍ヶ岳に挑戦!
ツル子。
そびえたつ槍の穂先で、高度感を楽しむツル子。


今回の槍穂縦走は、単独行
ツル子。
しかも13時50分に剱岳の登頂に成功し、その後何故かぐるっと
西穂ジャンダルムロバの耳馬ノ背奥穂(中略)しての大キレット
さらに槍ヶ岳登頂が15時18分!!


やり遂げたアルピニストは顔が違います。
ツル子。
きらきら 偉大な登山家、ツル子 きらきら




しかし、偉大な登山家・ツル子も数年後はこうなるのかもしれません。
ママ。
ヒーターの周りで熟睡するママ。


ママは私と一緒で、百名山は主としてテレビで見る派です。
ママ。




今回は、実家からヤマガールの私が無事生還した記念で
写真いっぱいのスペシャルバージョンでお送りいたしました ねこGIF














タグ [ ソマリ 仔猫 子猫 ]
 
posted by: 名乗るほどではございません。 | 2013.06.16産まれソマリっ子 | 18:00 | - | - | - |